urban design week. の期間中を含めた行動実態調査をします

松山歩いて暮らせるまちづくり行動実態調査

行動実態調査とは

 皆様がお持ちのスマートフォンを用いて、移動経路や移動手段、移動目的などを取得し、皆様の日ごろの生活行動を把握するものです。

調査の主体

 この調査は、 「松山スマートシティ推進コンソーシアム 」が行います。

調査の目的

 本コンソーシアムは、都市空間の充実や次世代都市サービスの導入による「笑顔あふれる歩いて暮らせるまち」の実現を目指しています。その実現に向け、先行モデルとして、データ駆動型都市プランニングの仕組みづくりに取り組んでいます。
 プランニングやその検討を行うシミュレーションモデルを構築するためには、皆様の日ごろの生活行動を把握できる基礎データが必要になります。
  そこで、今回、urban design week.で創出されるプログラムやモビリティに関する行動実態調査を行うため、ご協力いただけるモニターを募集します。

調査期間

 urban design week.期間の10日間と終了後1週間の計17日間(10月14日~10月30日)

募集数

 50名程度(応募多数の場合は、選定させていただきます)

謝礼

 QUOカード 4,000円分

参加条件

 次の1~3すべてに該当される方を募集します。

  1. 15歳以上 ※未成年の方は保護者にも承諾を得たうえでお申し込みください
  2. GPS機能のあるスマートフォン(iPhone(iOS14.0以降)またはAndroid(8.0以降))をお持ちの方で、調査用アプリ「PP(プローブパーソン)」をダウンロードいただける方
  3. 期間中に松山市内で開催される「urban design week.」※1や、その他「道後オンセナート」「堀之内マルシェ」「まつやま花園日曜市」などの各種活動に1回以上参加いただける方
    ※1 urban design week.:松山アーバンデザインセンターが企画する「アーバンデザイン・スマートシティスクール松山」の活動プランと松山スマートシティプロジェクトのフィールド実証実験が連動した社会実験です。詳しくはホームページ(http://urbandesignweek.udcm.jp/)をご確認ください。
調査の流れ
  • ~ 10月10日
    応募(募集は終了しました)

    モニターとして参加したい方は、google formsから応募します。

  • 10月12日ごろ
    ID・パスワード等の送付

    調査事務局(復建調査設計株式会社)から、メールで調査マニュアルや調査用アプリのID・パスワードを送付します。

  • ~10月13日
    調査の準備

    調査用アプリをダウンロードしてください。

  • 10月14日~
    10月30日
    調査実施

    調査用アプリで記録してください。

  • 確認後
    QUOカードの送付

    調査への参加状況を確認し、QUOカードを送付します。

個人情報の保護とデータの取扱い

本調査での個人情報の保護や取得するデータの取扱いは、この基本方針に基づいて行います。

申込 

タイトルとURLをコピーしました