アクティビティ

urban design week.は、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、実地活動を延期します。

※お知らせ※アクティビティの予定は、予告なく変更になる場合がございます。

花園町通り

松山市駅と堀之内を結ぶ全長約250mの通り。かつては通行量の減少や大量の放置自転車、アーケードの老朽化などの課題を抱えていたが、約7年をかけて市民との対話や社会実験を繰り返し、2018年に道路空間の再配分事業が完了したエリア。現在は地元やUDCMが主体となり利活用に取り組んでいる。

花園こたつ

日時 1/14-23(11:30~15:30)
場所 花園町通り UDCM前
こたつに座って、いつもとちがった高さでまちを楽しもう。周辺でイベントやキッチンカー出店もあり

はなぞのくじ

日時  1/14-23 (10:00~17:00)
場所 UDCMと花園町通り店舗
UDCMと周辺2店舗をめぐって完成する花園オリジナルおみくじ。テーマは「笑顔」

はなぞのサイネージ

日時 1/14-23(終日)
場所 花園町通り
「笑顔」の写真やコメントがずらり。いつもとちがった角度でまちを眺めてみよう

堀之内

江戸時代は上級武士の居住区であり、明治からは兵舎が置かれていた。戦後は野球場、プール、競輪場などが建設され、多くの人が足を運ぶエリアであった。国の史跡指定後は施設の建替え等が困難となり、それぞれ郊外移転。2000年策定「城山公園(堀之内地区)整備計画」を基に段階的に整備が進行中。

堀之内こたつ

日時 1/15-20,22(12:00~16:00)
場所 城山公園 さくら広場
公園で過ごす時間を楽しむための小さな居場所づくり。ちょっと温かくなる仕掛けあり(月曜・土曜限定でおしるこお接待あり※先着順、なくなり次第終了)

松山駅周辺

1927年、当時としてはまちのはずれに国鉄松山駅が開業。その後、路面電車の軌道など交通基盤整備が進み、戦後は駅舎改築に合わせた大手町通りの拡幅など周辺道路整備がおこなわれ、駅とともに発展してきたエリア。現在、鉄道高架化、土地区画整理、街路整備などが進み、再びまちや駅とまちのつながりが大きく変わろうしている。

駅まち広場(仮設芝生広場)

日時 1/16,23(11:00~18:30)
場所 JR松山駅:駅舎の南側敷地
駅待ち時間を豊かにする空間づくり。芝生やハンモックで未来の駅前空間を先取り

ランタン

日時 1/16,23(11:00~18:30)
場所 JR松山駅:駅舎南側で制作、展示
暗い印象のある現在の駅前を、ランタンづくりWSで一緒にあたたかく照らしましょう(ランタンづくりWSは11:00~17:00、各日先着50個)

まちなか

かつて正岡子規と夏目漱石が見物した芝居小屋「新栄座」や、漱石の下宿先で一時期子規と同居していた「愚陀仏庵」があった文学のまち松山を象徴するエリアである。現在、文学ゆかりの地を訪れるとその多くは形を残さず、その土地の歴史に気づき、感じることが難しい状況になっている。

謎解きスタンプラリー

日時 1/21-22(10:00~17:00)
場所 調整中
まちなかの歴史が感じられる謎解きスタンプラリー ※事前予約制※予約・開催方法は「まちなかおさんぽ♣」SNSにて➤Twitter  https://twitter.com/moc_matsuyama ➤Instagram https://www.instagram.com/moc_matsuyama

道後

道後・上人坂は一遍上人の生誕地である宝厳寺の門前町として歴史が始まった。夏目漱石「坊っちゃん」では花街として描かれ、正岡子規は遊郭の並ぶこの坂を歩き、俳句を詠んでいる。2015年策定「道後温泉活性化計画」では重点整備エリアに指定され、賑わいと歴史を感じられる空間づくりが進行中。

いっぺん袋

日時 1/15,16,22(17:00~配布)
場所 道後・上人坂
道後の魅力が詰まった光る袋を配布。持って歩いて上人坂に光を集めよう。なくなり次第終了(近くで甘酒お接待もあり、こちらもなくなり次第終了)

まち歩きゲーム+夕焼けベンチ

日時 1/15,16(9:30~12:30,13:30~16:30)
場所 ひみつジャナイ基地(道後湯月町2-41)集合
時間内にお題に合うと思う写真を撮りながら、まちを再発見するまち歩きゲーム「フォトスカベンチャー」※事前予約制※予約フォーム➤ https://forms.gle/13VWFQ5zhJdr2ivF7 ゲーム後には宝厳寺境内にて夕焼けベンチ(夕焼け鑑賞会)開催予定

灯りのイベント

日時 1/15,16,22(17:00~19:00)
場所 道後・上人坂
かつて賑わいに溢れていた上人坂を、灯りを用いて追体験する空間に

みかん山

かつて道後の山(斜面)には多くのみかんの木が植わり、地元の方々は「みかん山」と呼んでいたが、平地を中心に宅地に変換され、斜面も作物の転換や農作行為の縮小が進行。現在は斜面の一部にみかんの木々が残っているのみである。土地の使われ方の変遷整理等を通して、今後の展開が期待される。

みかん山こたつ

日時 1/15,16,22(17:00~19:00)
場所 道後・宝厳寺駐車場
かつてのみかん山を、駐車場のこたつで追体験 (あたたかいお茶のお接待あり※先着順、なくなり次第終了) (いっぺん袋参加者限定みかんくずゼリー※先着順、なくなり次第終了)

余土

中心市街地南部に位置した住宅地域。もとは農村地域だったが明治26年に伊予鉄郡中線の余戸駅が開設。戦後人口が増加し、市街地化が進行。現在2万人を超える人が余土地区で暮らしているが、松山市の都市計画においては、こうした郊外拠点の位置付けの検討が課題となっている。

日招きベンチ

日時 1/17-23(10:00~16:00予定
場所 日招八幡大神社境内(保免西1丁目)
郊外の境内にベンチとカフェが登場。新しい地域コミュニティのありかたを考えましょう。(雨天時及びスタッフ不在時に飲み物の提供ができない場合あり)

余土の農地×神社ツアー

日時 1/17,19,23(13:00~16:00予定
場所 12:55に余戸駅集合
郊外に焦点をあて、古いものと新しいものの折り重なった景観を語らうツアー

日替わり・その他

マスクツアー(仮称)

日時 準備中
場所 準備中
まちの課題と向き合い・考えるオフィシャルスタディツアー

空想まちづくりWS

日時 準備中
場所 準備中
こんなだったらいいな~のまちの空想アイディアを出し合うコミュニケーションワークショップ

アーバンデザイン・テラストーク

日時 準備中
場所 準備中
各敷地での取り組みなどについて、ゆったり話す場(テラス)を開く(オンライン配信も準備中)

音楽と映写の weekend party

日時 1/23(12:00~19:00)
場所 高本ビルと駐車場(三番町6丁目)
市駅から徒歩5分の髙本ビルと駐車場を、音楽と映写のweekend party会場に。UDCM冬の名物「ストリートこたつ」も登場(12:00~ビル2階でDJ企画、17:00~駐車場で音楽ライブ)※寒さ対策をお忘れなく

タイトルとURLをコピーしました